相続相談を行う


このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

相続において色々な身内のトラブルが発生してしまうこともあり、税理士などの専門家とタッグを組みながら手続きを進めていくと安心することができます。広告などをチェックしながら相続相談をすることになりますが、費用がどうしても気になってしまうこともあります。資格を持っていなければ仲介することもあるので、それなりに費用は膨れ上がってしまいます。税理士などに依頼する際に注意しなければ、あっという間に費用が膨らんでしまいます。

相続相談を行う際には税理士に頼るのが一番ですが、相続といえば相続税がかかってしまいます。相続税は税理士が相続相談に向いているというイメージですが、実際にできないことがあります。それは相続税の申告で、相続した時には必ず相続税が発生するとはいえません。最低でも条件として3600万円以上の相続に関する財産を所有することによって支払っていかなければなりません。

他にも相続相談を行う時に、民法上などの条件を確認するには税理士だけでなく弁護士に意見を求めることも必要です。弁護士は調停や審判など、裁判所において必要な手続きを行う際に代理人になってもらう際に依頼します。また相続人同士でトラブルになってしまうこともあるので、弁護士と一緒に検討するようにしましょう。しかし弁護士は税金関連の知識は税理士ほどありませんので、法定相続分などにかかる税金については、税理士に相続相談をしていくようにしましょう。