自分で行うか考える


このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

相続相談を行う際に、自分で相続税に関して申告することができるか知りたい人も多いです。自分で申告を行える場合は色々な条件があります。例えば相続していく財産が現金もしくは預貯金であったり、有価証券で構成していれば問題ありません。また税務署や金融機関などへ通う時間があったり、税務調査や追徴が発生するペナルティを受け入れられるかどうかです。これらの条件を全て満たすことによって、自分で申告していくことができます。

計算に誤りがあった時に、申告日から税務調査を期間を遡って行うことになります。最長7年間となりますが、指摘されるリスクも大きくなるでしょう。また税務調査において指摘された時には、追加で税金を納める必要があります。最大で40パーセント追加されることもあり、多大な負担を抱えてしまうこともあります。相続税は現金で支払うことが原則であり、一括払いとなります。分割払いなどにしたい時には申告すれば問題ありませんが、利息を取られてしまいます。相続税は難易度が異なっており、税理士でも対応できるかはっきり分かれてしまいます。複数依頼をすれば、それぞれ申告書が作られることもあるので、注意しながら相談をしていきましょう。

 

依頼するメリット

税理士に相続相談を依頼するとメリットが色々とあり円滑に進めていくことができます。申告をする際に依頼するメリットとして、時間を大幅に削減することができます。申告に関して事務関連の書類を作成したり整理することになります。慣れていれば時間がかかりませんが、慣れていなければ仕事や日常生活で支障をきたすことがあります。

そして適切な財産評価を行ってもらえるので、安心して分配を行うこともできます。相続していく財産の現状の売値であったり、相続税における価値をチェックしていくと異なっているケースがほとんどです。しかし相続税法上において、価値から税額を決めなければなりません。一般人が計算できないこともあるので、実際よりも理解していないと相続税を多く納めてしまうこともあります。こうして適切な税額を算定していくことによって、安心して支払う金額を決めていくことができます。特に納税が少なくなってしまうと、追徴ペナルティが発生してしまいます。税額を正確に理解することもできるので、税理士に依頼するようにしましょう。

控除制度もあるので、適用しながら安く納税額を抑えていくことができます。自己責任で計算することもできますが、相続税をペナルティを減らしながら着実に支払うことができるようになります。